メインイメージ画像

転職先で働きたいという決心が大事!

テレビ番組のドラマでの、違う企業から引き抜かれるひとコマで、「あなたがうちの企業に勤めてくれればこれだけ出す」と賃金を高く見積もる場面がありますが、残念な事に現実ではそうはいきません。実は転職後、収入が高くなる人はわずかです。どれだけライセンス等を持っていても、転職先の企業にとって自分は新人なのでどうにもならない事です。月収が減ってしまった事態に準備して、生活費は少し用意しておいた方が心配ないと思います。

だけど、絶対に給与が減るわけではなく、もちろん給与が上がる人もいます。ライセンスや職歴も大事ですが、なんといっても転職先の企業にわざわざ転職したいという気持ちが伝われば雇ってもらえ、年収も検討してもらえる事もあるでしょう。今の職場を辞めたいからではなく、今の勤め先を辞めてでも転職先の企業で仕事したい、そういった決心が重要なのではないでしょうか。

勤務しながら就職活動をするのはすごくきついですよね。

私が前働いていた会社は、休みも勤務時間も不規則だったので、想像以上に転職活動はきつかったです。だから、1度すっぱりと会社を辞めてから短期間のバイトで繋いで転職活動をしていました。転職活動に、3ヵ月程時間がかかったので、単発のバイトもあれば、ある程度同じ会社で働く事もあり、ぎりぎり繋ぐ事ができました。その時に利用したのが、派遣会社でした。

現在は法律により、単発の派遣というのが多くないですが、その時は1日のみの仕事がたくさんあり、自分の予定で仕事を入れられたので、すごく助かりました。おそらく今でも、短い期間での勤務できる派遣というのは検索すればあると思うので、上手に利用すれば会社に勤めながらよりは転職活動も手間がかからないと思います。会社を退職するのは気掛かりだと思いますが、1度しっかり辞めて転職活動に集中するのも1つの手段だと思います。

更新情報